歯の主成分ハイドロキシアパタイト

近畿大学生物理工学部医用工学科教授本津茂樹氏らの研究グループは、1月22日、ハイドロキシアパタイトの膜を、レーザーを用いて直接歯に堆積させ、エナメル質を修復する技術を開発したと発表。

ハイドロキシアパタイトは歯の主成分であり、本来はこれを用いて歯の治療をおこなうのが理想。しかしハイドロキシアパタイトのようなセラミックスを接着することは非常に難しいとされてきた。

同グループはこれまでに、柔軟性に富み曲げることが可能な極薄のハイドロキシアパタイトシートを開発。「歯のばんそうこう」として知られているが、今回発表された技術では、大きくえぐられた欠損の修復にも適応できることが明らかになった。

歯の延命化への期待

現在おこなわれている歯の治療は、主にレジンなどの高分子材料が用いられている。しかし歯の成分とはまったく異なる物質であるため、人によってアレルギー反応を起こしやすい。

今回の開発では、レーザーを用いて、ハイドロキシアパタイトの膜を直接歯の上に形成する新しい技術が用いられている。歯の主成分が材料として使われているため、アレルギー反応を起こさず、より安全に虫歯や知覚過敏などの治療に応用できる。

またこれらの技術は、歯質の保護、エナメル質の細かなひび割れや亀裂の修復、審美歯科にも応用できる可能性があるという。さらには高齢者の口腔機能維持・歯の延命化にもつながることが期待できるとのことだ。今後の臨床研究および治験の実施と同技術の実用化が望まれる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

学校法人近畿大学 プレスリリース
https://www.kindai.ac.jp/news-pr/news-release/2015/01/007337.html

掲載日:2015/1/26