一つのサンプルで38のサイトカインを定量

2014年11月28日、トランスジェニックはヒト血清/血漿を用いた複数サイトカイン同時定量解析キャンペーンを開始したと発表した。申込期限は2015年2月20日まで。先着64サンプル。

キャンペーン価格はシングル測定が40,000円、デュプリケート測定が60,000円。

サービスの特長

必要なサンプル量は40マイクロリッター。38種類のサイトカインを測定可能。

ELISAで検査する場合にサンプル量は約100分の1、価格は50分の1で検討可能。

使用キットはMillipore社 MILLIPLEX Human Cytokine/Chemokine Panel 1。96穴のウエル中サンプル測定用に使用するのは64穴、検量線等に用いるのが、32穴。

使用機器はLuminex200、解析ソフトウェアはMasterPlex QT。

注意事項

サンプル性状は血清あるいは血漿(EDTA)。

サンプルは採取・調整後、即座に凍結し、凍結融解を繰り返し行ったサンプルは避ける必要がある。また、溶血したものは測定できない。また、抗凝固剤としてヘパリンやクエン酸塩を使用したサンプルも使用不可。

この検査は厚生労働省の承認を受けたものではないので、診断に使うことはできない。

測定原理

サイトカインを段階的に染色されたビーズに固定化し、サンプルと反応させ、さらにビオチン化した2次抗体と反応させてから、蛍光強度を測定することにより、一度に多種類のサイトカインを測定。

(画像はチラシより)

▼外部リンク

トランスジェニック キャンペーンチラシ
https://www.transgenic.co.jp/products/

掲載日:2014/12/1