マウスを用いた実験で解明

2015年9月10日、慶應義塾大学の仲嶋一範教授率いる研究チームはマウスを用いた実験によって、胎児期の脳が形成される時に神経細胞の移動が障がいされ本来配置されるべきでない場所に配置されると、生まれてからも障がい部位から脳領域へ影響を及ぼすことで認知機能障がいや行動異常を引き起こすことがわかったと発表。

今回の研究成果はアメリカの神経科学雑誌「The Journal of Neuroscience」に掲載される。

異所性灰白質が影響

胎児期には脳深部で神経細胞が産生され、脳の表面へ向かって移動する。その移動過程が障がいされ、脳の灰白質ではなく白質に神経細胞が配置されてしまうケースを異所性灰白質と呼ぶ。

これまでの研究で異所性灰白質を持つヒトはてんかんや知的能力障がい、うつ病や統合失調症などの精神疾患、自閉症スペクトラム障がいや多動症などの発達障がいがみられることが報告されている。

しかし、異所性灰白質と症状の関連性は解明されておらず、症状を持つヒトに異所性灰白質が生じたのか、もしくは異所性灰白質が症状に影響を及ぼしているのかはわかっていなかった。

今回の研究では人為的に体性感覚野に異所性灰白質を持ったマウスを作成。そのマウスの行動を観察したところ、前頭葉の機能異常に起因する異常行動を示した。今回の研究結果から、異所性灰白質は離れた脳領域の神経活動に影響を及ぼし、異常行動を誘引することがわかった。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

慶應義塾大学 プレスリリース
https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2015/

掲載日:2015/9/12