検査技師ニュース 新着 - 1 | 臨床検査技師(MT)専門の転職・求人/募集情報

臨床検査技師求人TOPへ

新着ニュース

2016-04-01 16:00:00

ヒトの神経細胞の発生にはLSD1が重要だった

LSD1の新たな機能を発見2016年3月28日、国立研究開発法人 産業技術総合研究所の平野和己研究員、波平昌一研究グループ長らの研究グループは遺伝情報の読み取りをコントロールする役割を担う酵素LSD1がヒトの胎児の脳発達を調節する機能を持つことを発見したと発表。 …

続きを見る

2016-04-01 14:30:00

デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬「NS-065」の前期第2相臨床試験スタート

前期第2相臨床試験スタート2016年3月30日、日本新薬株式会社は日本国内では初となる核酸医薬品でデュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬である「NS-065」の米国における前期第2相臨床試験の許可を申請したことを発表した。 この治療薬は同社と国立精神・神経医療研究…

続きを見る

2016-03-31 19:00:00

アステラス製薬と田辺三菱製薬 化合物ライブラリーを相互利用へ

約25万化合物ずつを相互に交換・利用アステラス製薬株式会社と田辺三菱製薬株式会社は、3月29日、化合物ライブラリーの相互利用に関する提携契約を締結したと発表した。 この提携契約は、両社がそれぞれが保有する化合物ライブラリーのうち、交換可能な約25万化合物…

続きを見る

2016-03-31 18:45:00

過活動膀胱治療薬「KRP-114V」に関する契約を杏林製薬とキッセイ薬品が締結

共同開発および共同販売契約締結2016年3月30日、杏林製薬株式会社はキッセイ薬品工業株式会社と自社が開発中の過活動膀胱治療薬である「KRP-114V」の共同開発および共同販売に関わる契約を結んだと発表した。 同製剤の開発費用は両社で負担することになり、杏林製薬…

続きを見る

2016-03-31 16:00:00

医薬基盤研究所 インポーティンα1の癌細胞における新しい機能を発見

細胞核輸送ダイナミクスプロジェクトが発見国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所の細胞核輸送ダイナミクスプロジェクトは、3月29日、核輸送因子インポーティンα1の癌細胞における新しい機能を発見したと発表した。 インポーティンαは、転写因子など核蛋白質…

続きを見る

2016-03-31 03:00:00

AYA世代に多いB細胞性急性リンパ性白血病の原因を東大が解明

研究が進んでいない分野に光明2016年3月29日、東京大学の間野博行教授が率いる研究グループはAYA世代に多く発症するB細胞性急性リンパ性白血病の約65%の原因となる遺伝子を発見したと発表。 AYA世代とは15歳から39歳までの世代を指している。これまでの研究ではAYA…

続きを見る

2016-03-31 01:00:00

エーザイの抗てんかん剤「フィコンパ」 併用療法の適応で国内承認取得

エーザイが創製した新規抗てんかん剤エーザイ株式会社は、3月28日、同社創製の新規抗てんかん剤「フィコンパ」について、併用療法の適応で日本における承認を取得したと発表した。 同承認は、「他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(…

続きを見る

2016-03-30 23:00:00

「darinaparsin注射剤」 アジア国際共同第2相臨床試験を開始

Meiji Seika ファルマが販売などを担当Meiji Seika ファルマ株式会社は、3月28日、末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)治療薬「darinaparsin注射剤」について、アジア国際共同第2相臨床試験が開始されたと発表した。 同剤は、同社が日本国内における販売・流通・プロモーシ…

続きを見る

2016-03-29 22:00:00

個人から大企業まで利用可能な文書管理サービス「Agatha」スタート

「Agatha」提供開始2016年3月22日、アガサ株式会社は治験・臨床研究の文書管理サービス「Agatha(以下、アガサ)」の提供開始を発表した。 この文書管理サービスは個人から大企業まで規模に関係なく利用することができ、個人によるドキュメントの保存から医療機関や製…

続きを見る

2016-03-29 12:45:00

ノバルティス ファーマが「ジャカビ錠10mg」の剤形追加承認を申請

患者の負担を減らすため2016年3月25日、ノバルティス ファーマ株式会社は「ジャカビ錠10mg」の剤形追加承認を申請したことを発表した。 現在の日本国内では「ジャカビ錠5mg」が骨髄線維症および真性多血症の治療薬として厚生労働省から承認を得ている。今回剤形追…

続きを見る

2016-03-26 09:15:00

富士フイルム レーザー内視鏡技術についてのTVCMを 3月24日より放映開始

「世界は、ひとつずつ変えることができる。」富士フイルム株式会社は、2種類のレーザー光を用いることで早期がんを見やすくする「レーザー内視鏡技術」についてのTVCMを、3月24日より放映している。 同CMは「世界は、ひとつずつ変えることができる。」~レーザー内…

続きを見る

2016-03-26 07:00:00

緑内障・高眼圧症治療剤「WP-1303」の国内第1相臨床試験を開始

緑内障・高眼圧症を適応症として実施わかもと製薬株式会社は、3月22日、緑内障・高眼圧症治療剤「WP-1303」の国内第1相臨床試験を開始したと発表した。 同剤は、株式会社デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(以下「DWTI」)が創製した、Rhoキナーゼ(ROCK)を含む…

続きを見る

2016-03-25 22:00:00

田辺三菱製薬が「バリキサ錠450mg」の効果および効能を追加公知申請

効果および効能を追加公知申請2016年3月22日、田辺三菱製薬株式会社は抗サイトメガロウイルス化学療法剤である「バリキサ錠450mg」に造血幹細胞移植を除いた臓器移植におけるサイトメガロウイルス感染症の発症抑制効果の追加申請を行ったと発表。 バリキサの一般名…

続きを見る

2016-03-25 09:00:00

がん研究センター・東大・第一三共 悪性リンパ腫治療薬の第1相試験を開始

2重阻害剤「DS-3201b」国立研究開発法人国立がん研究センターと国立大学法人東京大学、および第一三共株式会社の三者は、3月22日、血液がんに対する新規分子標的薬を共同開発し、悪性リンパ腫に対する第1相試験を開始したと発表した。 共同開発されたのは、ヒストン…

続きを見る

2016-03-25 06:00:00

がん細胞のエネルギー代謝にはPTBP1タンパク質が重要であることが明らかに

生存エネルギーに着目2016年3月23日、岐阜大学の赤尾幸博教授が率いる研究チームはがん細胞の生存にPTBP1タンパク質が重要であることを突き止めたと発表。PTBP1の発現を阻害することでがん細胞の増殖が抑えられることも解明した。 今回の研究成果は国際科学雑誌「On…

続きを見る

2016-03-25 03:00:00

アステラス 男性骨粗鬆症が対象の「romosozumab」第3相試験 結果発表

投与12ヶ月後の腰椎骨密度が増加アステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社とアステラス製薬株式会社は、3月22日、男性骨粗鬆症を対象として実施した「romosozumab」第3相試験の結果を発表した。 同試験において同剤は、主要および全ての副次評価項目を達成。…

続きを見る

2016-03-23 22:00:00

眠りとカルシウム関連経路の関係を明らかに

睡眠の謎を解明2016年3月18日、東京大学の上田泰己教授が率いる共同研究グループは、カルシウムイオン関連経路が睡眠時間に関与することを発見したと発表。 これまでの研究によって哺乳類の睡眠時間および覚醒時間が一定に保たれているということが明らかになってい…

続きを見る

2016-03-21 23:00:00

培養皿の上でALS病態を再現し 新たな病態を発見

新たな発見2016年3月18日、慶應義塾大学の岡野栄之教授、東北大学の青木正志教授、新潟大学の矢野真人准教授らで構成されている共同研究チームはFUS遺伝子変異を有する筋萎縮性側索硬化症(以下、ALS)患者の皮膚細胞からiPS細胞を樹立し、神経発生過程で発生する異常を…

続きを見る

2016-03-21 09:00:00

「サインバルタプセル」 慢性腰痛症に伴う疼痛で適応追加承認を取得

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤塩野義製薬株式会社と日本イーライリリー株式会社は、3月18日、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤「サインバルタカプセル 20mg・30mg」について、慢性腰痛症に伴う疼痛に対する適応追加承認を厚生労働省より…

続きを見る
お電話でのご登録・お問合せ
0120-992-133

※携帯・PHSからもご利用になれます

受付時間
【平日】9:30~20:00
【土日祝】9:00~18:00

検査技師人材バンクは、臨床検査技師の方のお仕事探しや就職・転職を無料でサポート致します。

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信を禁じます。